平野マタニティクリニック

診療案内

診療案内

診療科目

当院での診療は原則として予約制です。初めての方も必ずお電話で予約をとりご来院ください。
 産  科 分娩、妊婦健診、産後健診、妊婦相談・助産師外来、マタニティクラス、産科手術
 育児支援 母乳外来、1ヶ月健診、ベビーマッサージ ※すべて当院でご出産された方対象
 婦人科 子宮ガン検診、HPVワクチン、ピル処方
 禁煙外来

定期健診

妊娠週数 健診間隔 検査 教室
5~8 2週 超音波
8~12 4週 超音波
 
 
血型、梅毒、HBV、HCV、貧血
12~16 4週 超音波
16~21 4週 超音波 マタニティクラス前期
(20週~)



21~24 4週 超音波
24~28 2週 超音波
28~32 2週 超音波 マタニティクラス後期
(30週から)





採血(貧血)
膣分泌物培養、クラミジア抗原
32~36 2週 超音波
36~ 1週 超音波
NST
●健診日以外でも出血、腹痛等の異常があれば受診してください。

診療時間

午前診 9:00~12:00【1診】 院長 院長 院長 院長 院長
10:30~ 14:30
上野幸枝
院長
午前診 9:00~12:00【2診】 助産師外来 10:00~
平野奈保子
助産師外来 助産師外来
午後診 17:00~19:30 院長
外来
浮田真沙世
外来
院長
外来
院長
外来
●休診日:木・土曜日午後、日曜・祝祭日
●緊急の場合は夜間、時間外の診察も可能です。24時間ドクターおよびスタッフが待機しています。
●日により院長の代診があります。
●母乳外来は要予約です。
:禁煙外来も行っております。(要予約)

4D超音波診断について

  • 4D超音波診断について

    4D超音波診断とは、お腹の中の赤ちゃんを立体的にリアルタイムで映し出す超音波健診です。通常の超音波の画像と違い、赤ちゃんのお顔の表情や動いている様子をはっきり見ることが出来ます。
    妊娠25週から30週ぐらいまでが良好な画像が得られる週数になります。しかし、赤ちゃんの姿勢・週数、羊水の量などにより、お顔などが上手く見られないことがございますのでご了承下さい。

    【診察日】 毎週火・金曜日 (1)16:30~ (2)17:00~
    ※妊婦健診と同時にはご予約いただけません。

    ●4Dの映像はUSBメモリに録画できます。
    ●USBメモリは当クリニックで指定のものをご用意します。(1個¥1.000)

助産師外来

助産師外来とは、通常の健診に加え、助産師の専門性を生かした妊婦健診をする外来のことです。
あらゆる不安や疑問を共に考え、お産の時に是非やってみたいと思っている事(バースプラン)や、普段医師による検診では聞けないような些細なことなど何でも相談できるよう、お一人様30分という時間を設けております。 助産師外来の対象の方は、25週前後、35週以降の方です。

妊婦さんが主体となり、妊娠・分娩・産褥期を快適に過ごせますようお手伝いいたします。 又、出産、育児に向けて共に喜びを感じられる信頼関係を築いていきたいと願っています。 妊娠中の心や体の変化、不安や心配を少しでも軽減出来ますよう、お気軽にお越しください。

子宮頚がん予防ワクチン(HPVワクチン)について

子宮頚がん予防ワクチン(HPVワクチン)とは、子宮頚部の前がん病変を予防するワクチンです。子宮頚がんの原因とはHPV(ヒトパピローマウイルス)と呼ばれるウイルスの感染とされています。HPVには癌を引き起こすタイプ(ハイリスク型)と尖圭コンジローマ(性器のイボ)などを引き起こすタイプ(ローリスク型)があります。
接種希望者の方、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。
●子宮頚がんは若い女性(20代、30代)に急増しています。
●HPVは性交渉経験のある人なら誰でも感染しうるウイルスです。
●HPVは子宮頚がんだけでなく、膣癌、外陰がん、尖圭コンジローマの原因の一つです。
●HPVワクチンの接種と定期的な子宮頚がん検診でほぼ100%子宮頚がんは予防できるといわれています。

禁煙外来(要予約)

妊婦さんが禁煙するのは今更言うまでもない事ですが、御主人様にも是非禁煙して頂きたいのです。
「パパになるあなたへ、生まれてくる大切なあなたの赤ちゃんにしてあげられること、それは禁煙です」
をスローガンに禁煙外来を始めました。
タバコが赤ちゃんにとって何故いけないのか?
妊娠中は赤ちゃんの発育を悪くしたり、早産や胎盤早期剥離のリスクが高くなります。 生まれた後も、乳幼児突然死症候群のリスクが高くなります(ご両親が喫煙していれば10倍危険になります)。中耳炎、喘息、肺炎、気管支炎も2~3倍増えます。赤ちゃんにとっていいことは何もありません。パパになったこの機会に禁煙しましょう。
でも、実際やめようと思っても簡単にやめられません。やめられない喫煙は意思が弱いからではありません。ニコチン依存症という病気なのです。病気だから保険診療で治療ができます。当院は保険診療でニコチン依存症を治療できる施設に認定されています。そんなに難しいことではないです。
これまでのニコチン置換法より成功率の高いお薬が登場しました。それを3カ月間服用してもらうだけです。 私たちは禁煙しようとする将来のパパを応援します。是非外来にいらしてください。

インフルエンザの予防接種について

妊婦さんは、インフルエンザにかかると肺炎の合併等重篤化しやすいといわれています。 米国では妊婦の方には、老人子供と同様、ワクチン接種を強く勧められています。 インフルエンザワクチンは生ワクチンではなく不活化ワクチンですので、安全に 投与できると考えられています。 日本産婦人科学会および日本産婦人科医会作成の産婦人科診療ガイドライン にも妊娠全期間においてインフルエンザワクチンの接種は可能としています。
ワクチン接種後、効果発現には2~3週間を要し、その後3~4ヶ月間持続 する為、流行に入る前に接種をお勧めします。もちろんワクチンは万能ではありませんので、うがいや手洗いは引き続きお願い します。

接種時期、費用等についてはお問い合わせ下さい。
診療時間
お電話でのお問い合わせは0797-80-4103
お問い合わせ
よくあるご質問
院内を見る?